a river side resident

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋葉原通り魔事件

<<   作成日時 : 2008/06/09 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ひどい事件が起きた

事件の一部始終

犯人の男、薬物やアルコールは検出されていないらしいが、

こんな事件を起こす時点で正常ではない

この男は「世の中が嫌になった」らしい…



この手の事件で思うことがある

世の中が嫌なら、ひとりで山にでも籠ってほしいと…

世の中が嫌になって、人殺しがしたくなる理由がわからん

自分の中にある不満を自分で処理できずに、

どうしようもなく人を殺してしまったのか

まぁ異常な人間の思考を理解しようとすることが無理なことだが

一人の異常な人間のせいで

多くの普通に暮らしている人々が苦しみ、尊い命が奪われる

まったく理不尽な話である



最近は社会の秩序をかき乱すような事件が多い

人間としての品格が感じられない

やり方が非情で無機的である

どんなやり方でも犯罪は悪いものだが…



自分の中の不平不満を自分で処理できない人間は

単なる甘ったれである

心が弱すぎる

現に今回の犯人も、

警官に銃を向けられて武器を捨てた

さんざん人様に痛い思いをさせ、命を奪ったとしても、

自分は死にたくないのだ

痛い思いをしたくないのだ

この男は自分の弱さ、カッコ悪さを日本中に知らしめた情けない人間だ

恥さらしだ



また、被害者が苦しんでいるのを見て

携帯で写真を撮ったり、

何もしないで他人事のように見ている人間が多すぎることに失望した

何をしているんだ!?

みんなで苦しんでいる人を励ましたりできるだろ?

持ってるポケットティッシュを提供することぐらいできるだろ?

自分の友達や家族や大切な人が同じ目にあったら

ガタガタ震えて見ているのか?

憤りを感じた



このような事件が起きてしまったことは残念だが

世の中を悲観的に見たくない

世の中は常識的な人間がたくさんいる

素晴らしい人間はたくさんいる

人を信じる気持ちを持ち続けたい



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。Kellyと申します。(日本人ですが・・・^^;)
昨日の新聞の1面には、車にはねられた人を助けにあたった警官が刺され、その警官を助けようと駆けつけた外人の姿が掲載されていました。
哀しいかな、こういう危機状況下では、日本人(一般人)は立ち往生してしまうきらいがあるようです。
米国の9.11事件も、あれが日本だったらあれだけの救助活動は行われなかったろうと専門家は言われていますね。
危機管理に強いのはおばさんたちかも知れませんね。(おばさんパワーは凄い)
やはり、日本人は平和ボケしてしまっているんでしょうかね。一人一人が危機に直面した時のことを考え、日頃から肝に銘じていることが大切なんでしょうね。
Kelly
2008/06/10 16:15
Kellyさん
コメントいただき光栄です。

>車にはねられた人を助けにあたった警官が刺され、その警官を助けようと駆けつけた外人の姿が掲載されていました。

その外人は、不思議に思ったでしょうね。「日本人は血を流して倒れている人を見ても何も行動しないのか?」と。

事件の瞬間は一瞬何が起きたかわからなくなるということは理解できるのですが、その後の行動が適切ではないですね。
平和ボケってやつでしょうかねぇ。
他人を守ろう、助けよう、という意識が全く感じられません。
戦後の脆弱な社会と教育の結果ですね。

>一人一人が危機に直面した時のことを考え、日頃から肝に銘じていることが大切なんでしょうね。

確かにそのとおりだと思います。ただでさえ物騒な世の中です。また、周辺諸国にも一触即発の国々があり、いつ戦争になるかわかりません。平和なようで平和ではない日本の現状を意識して生活していきたいですね。

もっともっと語りたいですが、長くなるんでこの辺で^^;

2008/06/11 17:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋葉原通り魔事件 a river side resident/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる